西洋絵画の主題となる、聖書の物語を絵画画像とともに、紹介します。
旧約聖書 創世記より

天地創造 アダムの創造  イヴの創造  人間の原罪  楽園追放  カインとアベル  ノアと洪水  ノアとワイン  バベルの塔
アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフ 

アブラハム  イサクの犠牲  ロトと娘たち  イサクとリベカ  ヤコブとエサウ  ヤコブの夢  ヤコブとラケル  ヤボクの渡し  ヨセフとポテパル  ヨセフ
出エジプト記より  Exodus

モーセ  燃える柴  過越しの日  紅海渡渉  マナの収集  モーセの泉  十戒を授かる  アロンと黄金の牛  青銅の蛇  エリコの陥落  モーセの像
士師記、ルツ記より  Judges、Ruth

サムソン  サムソンとデリラ  ルツの落穂拾い
サムエル記より  Samuel

ダビデ  ダビデとゴリアテ  王ダビデ  バテシバ
その他、外典などより  Apocryha

ソロモン  シバの女王  トビトとトビアス  エステル  ヨブ  ユディト
預言者たち

預言者エゼキエル  預言者エレミア  預言者ダニエル  ダニエルとライオンの洞窟  スザンナと長老たち
 
新約聖書 マリアの両親 アンナとヨアキム

神殿から追われるヨアキム  羊飼いに身を寄せるヨアキム  アンナへのお告げ  荒野で祈るヨアキム  ヨアキムの夢  黄金門での出会い
マリアの生涯

マリアの誕生  マリアを神殿に奉納する  神殿に持ち込まれる杖  祈る求婚者たち  マリアの結婚  結婚の行進  受胎告知  エリザベツへの訪問
聖母マリア

聖母の死|聖母被昇天|聖母の戴冠無原罪の御宿り|聖母像|荘厳のマリア|聖母子像|聖ヨセフ|聖家族聖会話
イエス・キリストの幼少時代

キリストの降誕  羊飼いの礼拝  割礼  神殿奉納・シメオン  東方三博士の礼拝  エジプトへの逃避  幼児虐殺  エジプトからの帰国  博士たちと論議するイエス
イエス・キリストの公生涯

イエスの洗礼  誘惑を受けるキリスト  奇跡の漁  マタイ(レビ)の召命  12人の使徒  カナの婚礼  嵐を静めるキリスト  キリストの変容  貢の銭(1)  貢の銭(2)  姦淫の女  マルタとマリア  サマリアの女  エルサレム入城  神殿清め  ラザロの復活  マグダラのマリア  盲人の治癒
キリストの受難

ユダの裏切り  弟子の足を洗うキリスト  最後の晩餐  オリーヴ山での祈り  キリストの逮捕  ペテロの否認  カヤパ邸の場  キリストの嘲弄  ピラトの前のキリスト  キリストの鞭打ち  茨の冠  悲しみの人  この人を見よ  十字架の道行き  聖衣剥奪  十字架建立  磔刑  十字架降下  ピエタ  死せるキリスト  キリストの埋葬  黄泉に下るキリスト
キリストの復活

三人のマリア  我に触れるな  エマオの巡礼  トマスの不信  キリストの昇天  聖霊降臨  最後の審判  聖三位一体
たとえ話

よきサマリヤ人 | 善き羊飼い | 放蕩息子 |賢い乙女と愚かな乙女 | 盲人の手引き
聖人と天使
    洗礼者ヨハネサロメ
福音書記者聖ヨハネ
福音書記者聖マタイ
福音書記者聖マルコ
福音書記者聖ルカ
聖ペテロ
聖パウロ
聖ピリポ
聖アンデレ
聖バルトロマイ
聖大ヤコブ
聖アウグスティヌス
聖アガタ
聖アグネス
聖アポロニア
聖アントニウス
聖アントニウス(パドヴァの)  St. Anthony of Padua
聖アンナ  St. Anne
聖アンブロシウス  St. Ambrose
聖ウィンケンィウス
聖ヴェロニカ
聖ウルスラ
聖エウスタキウス
聖エラスムス
聖エリギウス
聖カタリナ(アレクサンドリアの)
聖カタリナ(シエナの)
聖キアラ
聖クリストフォルス
聖グレゴリウス
聖ゲオルギウス
聖コスマスと聖ダミアヌス
聖ステパノ
聖セバスティアヌス
聖カエキリア (聖チェチリア)  St. Cecilia
聖ドニ
聖トマス・アクィナス
聖ドミニクス
聖ニコラウス St. Nicholas
聖バルバラ  St. Barbara
聖ヒエロニムス
聖フランチェスコ  Francis of Assisi
聖フロリアヌス
殉教者聖ペテロ  Peter Martyr
聖ベネディクトゥス  St. Benedict of Nursia
聖ベルナルデイーノ(シエナの)
聖ベルナルドゥス  St. Bernard
聖ボナヴェントゥラ  St. Bonaventura
聖エジプトのマリア
聖マグダラのマリア
聖マルガリタ (アンティオキアの)
聖マルティヌス
聖ユリアヌス
聖ラウレンティウス  Lawrence
聖ルチア
聖ロクス

多くの聖書からの主題が絵画に描かれている。昔は文字の読めない人々が多かったので、キリスト教を教えるために絵画が描かれた。聖書の中の物語を知っていると、絵画の意味がよく分かるようになる。

ここでは主題を分類し、その主題に関係している絵画を集めてある。絵画は年代順に並べてあるので、同じ主題の絵画がどう発達していくかを観ることもできる。少しずつ、増やしていきます。

お願い : ドリアンは宗教家ではないので、聖書の細かな意味が分からないことがあります。もし、ドリアンの解釈に間違い等があれば、教えてください。

ホームページ  西洋絵画  女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話