聖書の物語  新約
無原罪の御宿り

聖母マリアは原罪なしに生まれてきたとする教義。

キリストの母マリアは汚れなき存在であり、「情欲の交わりなしに」、母アンナの体に宿ったと説く。

これはキリストが、人間から生まれてきた聖なる人物だとするのに重要な考え方。

美術作品では、合掌した(もしくは胸に手を当てた)少女が足を三日月に載せ天空を降りてくる姿をして、17世紀に多く表された。

蛇を踏みつけているのは、「エヴァの罪」を人間から解き放つためである。

ヨハネ黙示録12:1から、子を宿した黙示録の女を聖母として、これに基づいて描かれる。
「太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭には12の星の冠を被っていた」

スペインの画家フランシスコ・パチェコが書いた「絵画術」(1649)で、新しい図像表現について言及している。パチェコは、異端審問所付美術監督官であった。
「聖母は12,3歳の少女で、白い着物の上に青いマントを着け、手を胸に当てて祈っている。月は下向きの三日月とする(純潔を表す古くからの象徴)」

エル・グレコ


1585

Oil on canvas, 237 x 118 cm

Museo de Santa Cruz, Toledo

エル・グレコ
無原罪の御宿り

1607-13

Oil on canvas, 323 x 167 cm

Santa Cruz Museum, Toledo

ベラスケス
無原罪の御宿り

1618

Oil on canvas、135 x 101.6 cm

National Gallery, London

スルバラン
無原罪の御宿り
-

Oil on canvas

Museo Cerralbo, Madrid

スルバラン
無原罪の御宿り

1630-35

Oil on canvas、139 x 104 cm

Museo del Prado, Madrid

ムリーリョ
無原罪の御宿り


-

Oil on canvas, 96 x 64 cm

Museo del Prado, Madrid

Hoogstraten, Samuel Dircksz van (Flemish, 1627-1678)
無原罪の御宿り 


oil on canvas

Private Collection, New York

ESCALANTE, Juan Antonio Frias y (b. 1633, Cordoba, d. 1670, Madrid)
無原罪の御宿り 


1663

Oil on canvas, 206,5 x 173 cm

Museum of Fine Arts, Budapes
t

ムリーリョ
無原罪の御宿り 


1670

Oil on canvas

Walters Art Gallery, Baltimore

ムリーリョ
無原罪の御宿り


c. 1678

Oil on canvas, 274 x 190 cm

Museo del Prado, Madrid

PIOLA, Domenico (b. 1627, Genova, d. 1703, Genova)
無原罪の御宿り 


1683

Oil on canvas, 345 x 221 cm

Church of Santissima Annunziata del Vastato, Genoa

ティエポロ
無原罪の御宿り


1767-69

oil on canvas

Museo Nacional del Prado, Madri
d

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学


参考文献 『新約聖書』 (日本聖書協会)
『西洋絵画の主題物語 T聖書編』 諸川春樹 著 (美術出版社)
『ヨーロッパ美術を読む旅 新約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『ヨーロッパ美術を読む旅 旧約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『西洋美術の主題と物語』 三輪福松 著 (朝日選書)