ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史 年表 
ブロンズィーノ
ポスターはこちら        新しいサイトはこちら
1503-1572)
イタリア   マニエリスム       



ポントルモの弟子。
メディチ家のコジモの目にとまり、トスカーナ大公の宮廷画家なる。フレスコ画などの大作も手掛け、晩年、フィレンツェの美術アカデミーの会長に任命された。

蝋のような人肌、衣装の精緻な表現は群を抜いている。

福音書記者聖マルコ
1525 Oil on wood  サンタ・フェチリタ聖堂カッポーニ礼拝堂

福音書記者聖マタイ
1525 Oil on wood  サンタ・フェチリタ聖堂カッポーニ礼拝堂

ピュグマリオンとガラティア
1529-30   oil on wood  81 x 63cm   パラッツォ・ヴェッキオ  フィレンツェ

ダンテの肖像
1530 Oil on wood, 127 x 120 cm

聖家族と聖アンナ、幼児聖ヨハネ
1534-40  Oil on wood, 124,5 x 99,5 cm  ウィーン美術史美術館

羊飼いの礼拝
1535-40 Oil on wood  65,3 x 46,7 cm  ブダペスト美術館

ウゴリーノ・マルテッリ
1537  oil on wood  102 x 85 cm   ベルリン国立美術館

メディチ家の片腕であったマルテッリ家。フィレンツェの名家。

【ブロンズィーノ】 コジモ・デ・メディチ1世
1537  117.5x87.5 cm   エルミタージュ美術館

【ブロンズィーノ】 書物を持つ若者の肖像 
1540  Oil on wood, 96 x 75 cm   メトロポリタン美術館 ニューヨーク

聖家族と幼児のヨハネ
1540 Oil on wood  117 x 93 cm   ウフィツィ美術館 フィレンツェ

「愛」の勝利の寓意  
1540-45  Oil on wood  146 x 116 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー





題名にヴィーナスとかキュピッドなどとあるので、ギリシャ神話が主題の絵画だと思ってしまうのは間違いである。

まずは、絵画をよく見ながら、読んでいっていただきたい。ヴィーナス風の女性がキュピッドから矢を取り上げている。もう一方の手には、球形の果実を持っている。イヴが楽園でとって食べてしまった禁断の果実である。

母親であるヴィーナスが、息子のキュピッドと抱き合うのは奇妙である。しかし、二人は恋人同士にしては年齢的に見ても、やはり、不自然なのである。何か、妖しい艶が漂っている。

当時、宮廷で流行っていた、貴婦人と小姓などの、身分違いの恋という、宮廷的恋愛遊戯の香りである。

キューピッドの足元にいる、つがいの鳩は恋の愛撫を意味する。キュピッドが膝をついている赤い枕は、怠惰と好色。りんごは禁じられた愛の寓意である。

二人は「悦楽」の寓意像なのである。

右側の男の子はバラを手にしている。「はかない快楽」の意味である。彼の足元には、仮面が落ちている。仮面は不誠実、偽りを表す。

二人の快楽には、偽りがある、ということである。


男の子の後ろに、綺麗な少女がいる。しかし、彼女はよく見ると怪物なのである。

胴体にはうろこがあり、尻尾がある。手にはミツバチの巣を持っている。もう一方の手にはさそりを隠し持っている。

甘い蜜を差し出す一方で、毒を用意しているのである。

よく見ると、手が変である。左右が入れ替わっている。右手だと思ったのが左手で、左手だと思ったのが右手になっている。

西欧では右は正義を表し、左は邪悪を表す。左右を入れ替えるトリックは、正と邪をごまかしているのである。

この怪物は「欺瞞」の寓意像なのである。


キューピッドの後ろでは、醜い老婆が髪をかきむしり、なにか叫んでいる。「嫉妬」の寓意である。


ヴィーナス風の女性と、キューピッド風の少年を覆い隠していた、青のヴェールを剥ぎ、目をむき出している老人は、「時」の擬人像である。

この世で最も強いものは「愛」である。その「愛」より強いのは「死」である。「死」より強いのは「名声」であり、その「名声」さえ滅ぼすのは「時」である。つまり、最強なのは「永遠」なのである。

「時」が老人なのは、年月の経過を表し、翼をもっているのは、「時」が速く飛んでいくからである。背中に背負っている砂時計は「時」の付属物である。

「時」の老人の向かい側には、無表情な女性がいる。最近の修復によって、明らかに、仮面をつけていることが判明した。

従来、「時」と対になって描かれるのは「真理」の擬人像であった。

「時」が「真理」のヴェールを剥ぐ、のである。

しかし、この絵では、「真理」に仮面がかぶされ、ヴェールが剥がされているのは、淫らな愛の像の二人なのである。

「真理」は、「時」がヴェールを剥ごうとするのを、手伝っているようにも見えるし、止めているようにも見える。

従来の解釈では、嫉妬にあふれ、快楽にふける、欺瞞に満ちた男女を、「時」が剥いで、「真理」のもとに暴こうとしている、というものであった。

しかし、この絵では、その「真理」が仮面をつけていることが判明したのである。

その真理も虚偽なり。

いったい何が真理なのか。道徳観、倫理観の薄れ。当時のこういった、宮廷生活への批判が込められている絵なのである。

コジモ・デ・メディチ1世
1545 Oil on wood, 74 x 58 cm  ウフィツィ美術館

エレオノーラ・ディ・トレドと息子の肖像
1545 Oil on wood 115 x 96 cm  ウフィツィ美術館  フィレンツェ
コジモ1世の妻

十字架降下(ピエタ)
1545 Oil on wood, 268 x 173 cm  ブザンソン美術館

洗礼者聖ヨハネ
1550-55  Oil on wood, 120 x 92 cm  Galleria Borghese, Rome

【ブロンズィーノ】ネプトゥヌスに扮したアンドレア・ドーリア(ジェノヴァの君主)
1550-55 Oil on canvas, 115 x 53 cm  ブレラ美術館 ミラノ

聖家族
1555-60 Tempera. on wood, 117 x 99 cm   プーシキン美術館 モスクワ

【ブロンズィーノ】ラウラ・バッティフェリ
1555-60    Oil on canvas, 83 x 60 cm   パラッツォ・ヴェッキオ
建築家・彫刻家バルトロメオ・アンマナーティの妻。詩人でもある。ペロラルカの詩集を手にしている。

ノリ・メ・タンゲレ(我に触れるな)
1561  Oil on canvas, 291 x 195 cm  

幸福の寓意
1564 Oil on copper, 40 x 30 cm  ウフィツィ美術館



ポスターはこちら



ルネサンスへ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学