ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史 年表 
アルベール・ベナール
 新しいサイトはこちら
(1849-1934)
フランス  アカデミック・アート
パリに生まれる。父親も画家で、アングルの弟子であった。17歳でパリの国立美術学校に入学。1868年、19歳でサロン初入選。1874年、ローマ賞を受賞し、4年間のイタリア滞在を果たす。

その後、1881年、イギリスへ渡り、肖像画を制作。このイギリス滞在中にラファエル前派を知ってからは、アカデミズムを脱し、象徴主義への傾向を強めていく。また、版画も数多く手がけるようになる。

官能的な肖像画で、パリでも人気を博した。装飾画家でもあり、アール・ヌーボー的壁画も多く残している。

1879年以降、サロン出品は無審査の資格を持っていた。1914年、ローマのフランス・アカデミー院長。1922年、国立美術学校校長。1924年、アカデミー会員に選出。レジオン・ドヌール勲章グラン=クロワ賞受章と、華々しい活躍であった。

ティモファネスの死
1874

oil on canvas 、147x113cm
パリ、国立美術学校
1874年、ローマ賞受賞作品である。3度目の挑戦であった。

画題はプルタルゴスの『対比列伝』「ティモレオン伝」から「ティモファネスの死」であった。

内容は、紀元前354年頃、コリントスの植民地シラクサが舞台である。カルタゴ軍から、シラクサを救うため、ティモファネス将軍が送り込まれた。

ティモファネス将軍は、その権力を欲しいままに利用していた。弟のティモレオンは圧制を嫌い、兄のティモファネス将軍を説得する。アイスキュロスと占者と弟ティモレオンの3人で説得するが、兄ティモファネス将軍は、聞く耳を持たない。

弟ティモレオンが涙している間に、あとの二人がティモファレス将軍を殺した。

ロジェ・ジュールダン夫人の肖像
1886

oil on canvas

オルセー美術館、パリ

Portrait of Madame Georges Rodenbach
1897

oil on canvas ,  52x62cm

Musee des Beaux-Arts, Toulon

マント夫人と子どもたちの肖像
1905-06

oil on canvas,  232x170cm

マルセイユ美術館
マント家はマルセイユの名家で、実業家、絵画収集家であった。ここに描かれているのはルイ・マント夫人とその4人の子どもたちである。気取った上流階級の雰囲気が現れている。

印象派の色調が濃くなり、アール・ヌーボーのアラベスクが取り込まれている。「ベル・エポック」と呼ばれた時代である。

天井画

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学