アーキビスト・サポート(ASJ)のロゴ

第19回アーキビストカフェのお知らせ
  1. 開催日時:3月1日(土) 14:30~16:30(受付14:00~)
  2. 会場:お茶の水女子大学 共通講義棟1号館404号室
  3. 資料費:500円
  4. 定員:30名
  5. カフェの話題
    • (仮題)第15回図書館総合展を振り返って つながりボードから探るASJの今後について
    • 話題提供者:横山、関根、その他
    • 報告内容
      • スライド等で、図書館総合展を振り返り、つながりボードで集まったコメントの統計結果を報告。
      • 人数が多ければグループに分かれて、来場者から寄せられたコメントを見ながらASJに求められていること、今後の企画などを検討する

【注意】 入構にあたってはカフェ申し込みの返信メールをご提示ください

申し込み方法
http://kokucheese.com/event/index/149115/にて申し込みください。

※カフェ終了後に近くで懇親会を行います。ぜひご参加ください。
懇親会:17:30頃から
懇親会場所:丸ノ内線茗荷谷駅付近
懇親会費:3,500円前後(税込)
懇親会定員:30人(先着順)

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です。 話題提供者の立候補、リクエストも受け付けます。

【 アーキビスト・サポートHP http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/

第19回カフェ 発表資料


“野田市郷土博物館見学と【野田】出張アーキビストカフェ”
  • 日時:2013年2月2日(土)午後1時30分から4時
  • 会場:野田市郷土博物館(東武野田線 野田市駅下車)
    (来館のご案内URL):http://www.noda-muse.or.jp/museum/info.html
  • 話題提供者:佐藤正三郎さん(野田市郷土博物館学芸員)
  • 参加費:500円  ・定員30名
  • 要*申込み(1/28迄に懇親会参加有無を含め下記へ):
       e-mail:asj20080715※gmail.com (※は @に変えてください)

 2013年第一弾となるアーキビスト・カフェは、NPOによる運営で話題の野田市郷土博物館(千葉県野田市)の見学を兼ねた【野田】出張カフェ。JADSデジタルアーカイブサロンと合同で開催します。

同博物館では企画展「読んでみました野田の古文書〜初心者が挑んだ三年間の整理・解読・調査から〜」を開催中です。展示と館の見学・レクチャー終了後、同じ敷地内の市民会館(大正末年に出来た醤油醸造家の邸宅)にてカフェ・タイム。「博物館運営や市民の歴史とアーキビスト」なんて話もできたらいいなと思います。

懇親会は、同じ市内でちょっと場所を移して開催しますので乞うご期待(費用別途)。
                      (カフェ・マスター)

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です。
主催 アーキビスト・サポート: http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/


泉龍寺仏教文庫見学+アーキビスト・サポート ミーティングのご案内

9月17日(月)に泉龍寺仏教文庫見学+アーキビスト・サポート ミーティングをおこないます。

  • 泉龍寺仏教文庫見学
    • 14:40 狛江駅集合
    • 15:00 泉龍寺訪問 仏教文庫見学
    • 16:00 泉龍寺出発
  • ミーティング
    • 17:00- ミーティング
    • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
      東京都世田谷区上北沢3−8−19 TEL:03-3302-2855
    • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
    • 会費:500円
    • ミーティングの話題:アンケートの検討、図書館総合展出展について、アーキビストサポートのこれから 話題提供者:ASJ発起人

ミーティングの後には懇親会が予定されています。ぜひご参加ください。


アーキビスト・カフェ参加者のみなさま

大変なことが次々とおこった2011年から、新たな年、2012年になり、いかがおすごしでしょうか。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年末に、アーキビスト・サポート事務局メンバーと、有志の方に集まっていただき、カフェ(ASJ)の今後について、話し合いのときを持ちました。

そのミーティングを拡大版として、参加される方とともに、今後のカフェについて、カフェで扱いたい話題について、当初はなかったSNS等をどう活かしていくか等、話しあって行きたいと考えております。

第一回カフェ・ミーティングを1月28日(土)16:00より開催いたします。

通常のカフェとは違いますが、ASJは、参加者全員で作り上げていくものでありますので、どうぞ奮ってご参加いただきたく、よろしくお願いいたします。

第一回カフェミーティング 開催要領

日時 2012年1月28日(土)16:00~18:30位
場所 松沢資料館会議室(通常のカフェ会場)
参加費 ミーティングの参加費はありません。

ミーティング参加希望の方は、1/22までに事務局あてメールをいただければ、と思います。E-mail:asj※zj8.so-net.ne.jp(※は @に変えてください)

アーキビスト・カフェ事務局一同


【第13回】アーキビスト・カフェのご案内

「文書館で中世ロンドン史研究」

  • 日時:2011年10月1日(土) 午後5時から7時(受付開始 4時30分)
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
    東京都世田谷区上北沢3−8−19 TEL:03-3302-2855
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:佐々井真知さん(お茶の水女子大学博士後期課程)
  • 参加費: 500円(会場費を含む)定員30名(定員を超えた場合、立ち見になることもあり)

*カフェマスターより*
終了後、第二部(懇親会)を話題提供者を交えて資料館にて行います。ふるって御参加ください。(参加費:学生500円・学生以外1500円)

要*事前申込み:懇親会出欠を明記し、(9/28迄に下記宛へ):
E-mail:asj※zj8.so-net.ne.jp(※は @に変えてください)


*話題提供者より*
私の専門は中世後期ロンドン史です。ロンドンの複数の文書館で史料を収集して読み解いていき、ロンドンに生きた商工業者の日常生活を明らかにすることに取り組んでいます。今回は、私の研究について文書館とかかわる部分を中心にお話します。

具体的には、私が利用する文書館の利用方法や史料の見つけ方、撮影方法などについて、実際に利用しての感想や失敗談、意見も交えてお話したいと思います。また、史料との対面から研究ができあがっていく様子も少しお話できればと考えています。

私が利用する文書館は、ロンドン市内にある2つの文書館、英国国立公文書館The National Archivesと、ロンドン市公文書館London Metropolitan Archivesです。前者はイングランドの中央政府が作成・保管した史料を、後者はロンドン市政府が作成・保管した史料を主に所蔵しています。規模も利用方法も異なるので、両方のお話をして文書館の多様性を示したいと思います。

また、実は私が本格的に研究をはじめた2003年ごろは、ロンドン市が作成した文書はロンドン市公文書館ではなくギルドホール図書館Guildhall Libraryというところが所蔵していましたので、この文書館についてもふれます。

文書館での中世ロンドン史研究のおもしろさや難しさ、楽しさを感じとっていただければ幸いです。

佐々井真知


※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です。
主催:アーキビスト・サポート: http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/


【第12回】アーキビスト・カフェのご案内

「MLAの現場から ~国文学研究資料館――現場の仕事を通じて「資格」「専門職」について考える――」

  • 日時:2011年8月6日(土) 午後5時から7時(受付開始 4時30分)
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:淺野真知さん
  • 参加費: 500円(会場費を含む)定員30名(定員を超えた場合、立ち見になることもあり)
    懇親会参加の場合は学生1000円・学生以外2000円~
  • 要*事前申込み:懇親会出欠と差入持参(任意です。東北産の物品歓迎)の有無を明記し、(8/4迄に下記宛へ):
    E-mail:asj※zj8.so-net.ne.jp(※は @に変えてください)

アーカイブズ学修士であり、現在国文学研究資料館で仕事をなさっている淺野さんの語る「アーキビストとは、資格とは」。

淺野さんが現在担当している仕事の話をきっかけに、学んできたことと実際に業務を行う上で求められたこととの比較に触れ、さらに「資格」「専門職」についての話題を提供し、意見交換を行います。

アーキビストの資格制度の提案がなされている今、アーキビストとしてキャリアを開始したい人、すでに仕事に就いていてさらなるキャリアアップを図りたい人にとって、ホットな話題について語り合う機会ともいえます。

またアーキビストやアーカイブスでの仕事はどういうものなのか、資格とはどういうものなのか、について関心がある人にとっても有意義な話題提供です。

アーキビストについて、資格について、共に語り合ってみませんか。(カフェ・マスター)

懇親会のお知らせ
カフェ終了後に松沢資料館の中庭で懇親会を行います。今回はASJ創設期の中心的存在であった戸田光昭さんを偲ぶ会と東北激励会を兼ねて行います。広く活躍された戸田さんについて語り合い、また東北地方の復興を願う会としたいと思います。ぜひご参加ください。

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です。
主催:アーキビスト・サポート: http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/


【第11回】アーキビスト・カフェ のご案内

「文学館研究から見るMLA」

  • 日時:2011年2月19日(土) 午後5時から7時(受付開始 4時30分)
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:岡野裕行さん(法政大学講師,HP「文学館研究会」開設)
  • 参加費: 500円(会場費を含む)定員30名(定員を超えた場合、立ち見になることもあり)
  • 要*事前申込み(2/15迄に下記宛へ):
    E-mail:asj※zj8.so-net.ne.jp(※は @に変えてください)

2009年1月にHP「文学館研究会」を開設して話題になった岡野裕行さん。図書館 情報学の研究者として活躍され、各所で教鞭を執るかたわら、2010年は4月の日本 アーカイブズ学会での研究発表をはじめ、さまざまな場で報告、講演等を行うなど、活動の幅をひろげています。

今回のアーカイブズ・カフェは、「ひろげる」「つながる」をキーワードに、その岡野さんから「文学館研究」への抱負とともに、MLA(ミュージアム・ライブラリ・アーカイブズ)に絡めた話題提供をいただきます。

今までに参加された方はもちろん、アーカイブズ、アーキビストに関心のある方、ひろく資料の保存と利用に関心をもつ方々の参加を募ります。初めての方も大歓迎。(カフェ・マスター)

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です。
主催:アーキビスト・サポート: http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/


【第10回】アーキビスト・カフェ のご案内

「アーカイブズを学んだ社会人一年生」

  • 日時:2010年10月9日(土) 午後5時30分から7時30分(受付開始 午後5時)
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:2006~2008年度アーカイブズ・カレッジ修了者有志
  • 参加費: 500円(会場費を含む)定員30名(定員を超えた場合、立ち見になることもあり)
  • 申込み:懇親会出欠を明記し、10/1迄に下記宛へ:
    E-mail:asj※zj8.so-net.ne.jp(※は @に変えてください) Fax:047-318-5008

学生時代にアーカイブズを学んだことは、就職やその後のキャリアにどんな影響を与えたのでしょうか!?

今回のカフェは、主に学生時代に国文学研究資料館主催の「アーカイブズ・カレッジ」で学び、修了後に様々な進路に進んだ「社会人一年生」が、就職活動中やその後の経験を語ります。ミュージアム(M)ライブラリ(L)アーカイブズ(A)、行政や企業への就職、博士後期課程への進学など、それぞれの現場で、アーカイブズを学ぶことの意義、役に立ったこと、学び足りなかったことは何だったのでしょう・・・。

今までに参加された方はもちろん、アーカイブズ、アーキビストに関心のある方、ひろく資料の保存と利用に関心をもつ方々の参加を募ります。もちろん初めての方も参加大歓迎です。

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です(二次会あり)。
主催:アーキビスト・サポート: http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/cafe.html


【第9回】アーキビスト・カフェ のご案内

お題:「MLA+RM in Japan 資格と研修」

  • 日時:2010年7月31日(土) 午後5時から7時(受付開始 4:30)
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:けづかまり(ASJ)+ ご参加の皆様
  • 参加費: 500円(会場費を含む)
    懇親会参加の場合は学生500円・学生以外1000円~
  • 申込み:懇親会出欠と差入持参の有無を明記し、7/24迄に下記宛に お申し込みください。定員30名
    E-mail:asj※zj8.so-net.ne.jp(※は @に変えてください) Fax:047-318-5008

2010年、日本初の「アーカイブズ学修士」が誕生しました。来年は 公文書管理法施行や学芸員や司書資格の授業時間数・内容の改定が 実施されます。文書管理/レコードマネジメント関係の検定試験や 教育の場なども増えはじめました。そんな状況を踏まえながら、 今回のカフェは、ミュージアム(M)ライブラリ(L)アーカイブズ(A) レコードマネジメント(RM)や資料保存等に関わる方・関心を持つ方に ぜひお集まりいただき、望ましいスキルや資格、業務の継続上や、 新業務の開始や異動・転職の際に役立った資格や研修・履歴等などに ついて、売り手・買い手、それぞれのご体験や想いを、ざっくばらんに 情報交換しませんか? という企画です。終了後、中庭でミニ懇親会を 開催します(学生500円・学生以外1000円~.差し入れ・持ち込み 大歓迎.8:30終了予定.雨天時室内)。今までに参加された方はもちろん、 アーカイブズ、アーキビストに関心のある方、ひろく資料の保存と利用に 関心をもつ方々の参加を募ります。もちろん初めての方も参加大歓迎です。

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です(二次会あり)。


第8回 アーキビスト・カフェの開催

「岩田社長、《岩田書院ブックレット・アーカイブズ系》を語る」

  • 日時:2010年2月27日(土) 午後5時30分から7時30分
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 岩田 博さん(㈲岩田書院代表)+安藤正人さん(ブックレット著者)
  • 参加費: 500円(会場費を含む) 定員30名
  • 要申込み(2/23までにメールにて右記へ):asj※zj8.so-net.ne.jp ASJ事務局まで(※は半角のアットマークです)

再開第1回は、以前から是非お話を伺いたかった岩田さんに登場いただきます。 ご存じ「岩田書院ブックレット・アーカイブズ系」は、小川千代子さん『情報公開 の源流』(1996年刊)から現在まで14冊。さまざまな切り口の情報を私たちに届け てきてくれました。その感謝の意も込めて、岩田さんからご苦労談などをお聞かせ いただきます。

併せて、昨年末シリーズ2冊目となる『アジアのアーカイブズと日本』を昨年上梓された 安藤正人さん(学習院大)からも著者の立場からコメントをお願いしています。 これからのシリーズの著者候補の皆さん(今までお書きになった著者の皆様も)、 是非ご参加ください。

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、 お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です(二次会あり)。


第7回 アーキビスト・カフェの開催

「ICA/SBL運営会議に参加して感じたこと・考えたこと: アーカイブズの存在感、ベストプラクティス、コミュニケーション」

  • 日時: 2009年8月22日(土) 午後4時30分から6時30分(※開始時間が早いです!)
  • 場所: 賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供: 松崎裕子さん (渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター,ICA/SBL運営委員)
  • 参加費: 500円(会場費を含む) 定員30名
  • 要申込み(8/18までにメールにて右記へ):asj※zj8.so-net.ne.jp ASJ事務局まで※は半角のアットマークです)

◆第3回カフェでSAA大会の参加報告をいただいた松崎裕子さんから、今回は 今年6月、フィンランドで開催された国際アーカイブズ評議会(ICA)/ビジネス・ 労働アーカイブズ部会(Section for Business and Labour Archives) の運営会議とセミナー(‘Company archives inchange’)等について、 お話いただきます。

各国を代表するビジネスアーキビストたちのホットな話題を共有できる チャンスです。

皆様のご参加をお待ちしています。

【参考】ビジネス・アーカイブズ通信 №15(2009年3月19日) http://www.shibusawa.or.jp/center/ba/bn/20090319.html

※カフェの前に、同会場でASJの第1回 運営委員会を開催します(午後3時~)。 活動にご賛同いただける皆さまは、是非、ご参加ください。


第6回アーキビスト・カフェの開催

小平の歴史を拓く −ライブラリアン兼アーキビストとして市史編さんの扉を開く−

  • 日時:2009年6月20日(土)午後5時30分から7時30分
  • 場所:賀川豊彦記念・松沢資料館
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:蛭田廣一さん (小平市企画政策部市史編さん担当)
  • 参加費 500円(会場費を含む) 定員30名
  • 要申込み(6/16・火曜日までにメールにて下記へ) asj※zj8.so-net.ne.jp ASJ事務局まで (※は半角のアットマークです)

◆小平市図書館長として、図書館界における資料保存 運動を実践の場で、名実ともに牽引してこられた 蛭田(ひるた)さんが、昨年度から同市の市史編さん事業に 携わっておられます。

図書館のアーキビストとして「戦略的」に取り組ん でこられた経験と、新たに取り組む「編さん」の 仕事についてお話を伺います。 乞うご期待。

◆参考図書:いずれも共著。日本図書館協会発行

  • 三多摩郷土資料研究会編『地域資料入門』
  • 日本図書館協会資料保存委員会編集企画『資料保存の調査と計画』

アーキビスト・サポートでは、アート・ドキュメンテーション学会(JADS) キャリア支援SIGと共催で、下記催事を開催することとなりました。

第2部・司会進行は、アーキビスト・カフェでお馴染みのカフェ・マスターが 担当予定です。今回は昼間の開催で、お茶も自己調達ですが、第2部の雰囲気は 「アーキビスト・カフェ的」を目指す心づもりです。

年度末でお忙しい時期とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。

なお今回の参加お申し込みは、下記JADS-SIG事務局宛にお願いいたします。

アート・ドキュメンテーション学会(JADS)  キャリア支援SIG 第1回公開研究会

Museum Library Archives = MLA分野で働く現職者のキャリア形成・ キャリアチェンジを活動テーマの一つとするアート・ドキュメンテーション学会(JADS)キャリア支援SIGでは、下記の要領で、第1回公開研究会を開催します。

なぜMLAへ就職したいのか。MLAと関わる専門職・専門家をめざすのか、 研究者志望なのか。プ ロフェッショナル・スペシャリスト・エキスパート、いずれをめざすのか。 アーキビストのように、国外では専門職ポストも養成制度も確立済みなのに、 日本にはまだない専門職をめざす人のご参加もお待ちしています。

 日時:2009年3月28日(土)午後2時~4時半(受付開始1時半)
   *終了後、会場付近で懇親会開催予定(会費制)
 会場:日本図書館協会会館 2階研修室(中央区新川1-11-14)
   (http://www.jla.or.jp/kaikan.htm)
 参加費:無料
 参加申込:氏名・ご所属・緊急時の連絡先*・懇親会の出欠を明記の上、
  3月25日(水)までに、下記宛にお申し込みください。
  *荒天中止時の場合のみ使用。研究会終了後、情報は安全に処分します。
 メールアドレス:BXQ10030@nifty.com 本SIG事務局 毛塚宛
 Fax:047-318-5008 毛塚宛

【予定プログラム】
第1部 トークタイム
    話題提供者 けづかまり(アーキビスト・サポート)
    「アーキビストをめざして-プロフェッショナルへの挑戦」
 アーカイブズのアーキビストは、学芸員・司書とは異なり、国内での資格取得や
 養成制度が発展途上です。アーキビスト資格は、後発の強みを生かし、
 国際水準の大学院修士以上・プロフェッショナル資格としての実現を目標に
 準備が進行中です。アーキビストが担当するアーカイブズ資料のマネジメント
 やドキュメンテーション活動が、アート・ドキュメンテーションと重なる領域です。
  「現在もアーキビストをめざす途上」「留学経験・公文書館勤務経験なし」という
 話題提供者は、勤続年数19年のうち官民での非常勤歴17年。
 当日は、キャリア形成を思案中の方々に何らかのヒントを提供できるように、
 「支えになった助言」「選択時の最優先事項」「介護と育児」等を切り口にお話
 いただく予定です。

第2部 ディスカッションタイム
 第一部の話題を手がかりに、MLA関係の雇用をめぐる情報交換等について、
 ライブラリやミュージアム等と関わるご参加者からの声も交えながら行なう
 予定です。
 *ミュージアム関係者のゲストをお迎えすします

以上

第5回アーキビスト・カフェのお知らせ

「アーキビストになりたくて...~オーストラリアから、岩下さんの体験~」

  • 日時2009年02月11日(水・祝)午後2時から4時
  • 場所賀川豊彦記念・松沢資料館(所在地等、下図参照)
  • 住所:東京都世田谷区上北沢3-8-19
  • TEL:03-3302-2855
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:岩下ゆうきさん(在オーストラリアのアーキビスト)
         +国内文書館関係者
  • 参加費500円 定員30名
  • 要申込み(2/6までにメールにて右記へ):asj ※ zj8.so-net.ne.jp
    (メールアドレスはすべて半角文字で、※はアットマークです)

日本の大学で記録管理やアーカイブズの勉強をしていた岩下さんが、オーストラリアのモナッシュ大学修士課程へ留学したのは2006-2007年※。

卒業後、日本でアーカイブズ関連の仕事に就く願いは叶いませんでしたが、現在、オーストラリアにて、アーキビストとして働いておられます。

留学から就職まで、現在の仕事の内容も含め、貴重な体験談をお聞きします。

※「豪州・モナッシュ大学におけるレコードキーパー/アーキビスト教育」『レコード・マネジメント』№ 54

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です(二次会あり?)。話題提供者の立候補、リクエストも受け付けます。

ここにチラシがあります。

第4回アーキビスト・カフェのお知らせ

「戦後生まれ記録メディア物語その2~余は如何にしてデータベースを残せしか~」

  • 日時2009年01月24日(土)午後5時30分から7時30分
  • 場所賀川豊彦記念・松沢資料館(所在地等、下図参照)
  • 住所:東京都世田谷区上北沢3-8-19
  • TEL:03-3302-2855
  • 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
  • 話題提供:小林年春さん(パソコン歴うん十年のライブラリアン)
         ほか会場参加者から
  • 参加費500円 定員30名
  • 要申込み(1/20までに懇親会参加の有無も記入の上、メールにて右記へ):asj ※ zj8.so-net.ne.jp
    (メールアドレスはすべて半角文字で、※はアットマークです)

次世代アーキビストに必要な作り手や時代知識を情報交換するシリーズ第2話。

インターネットがチマタに登場する以前、人文系のパソコンユーザーたちは資料の データベース化に勤(いそ)しみました。思えば、苦労してつくったあのデータは、どれだけ 残っているのでしょうか。

パソコン歴うん十年の小林さんに、データベースソフトの歴史とともに、データを残 し続けるための知恵について話題提供をいただき、語り合います。

※「アーキビスト・カフェ」は講演会ではありません。話をしたい人、聞きたい人が集まって、お茶でも飲みながら、自由に情報交換、意見交換を行う場所です(二次会あり?)。話題提供者の立候補、リクエストも受け付けます。

【アーキビスト・サポートHP http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/ 】

アーキビスト・カフェ マスターのロゴ

カフェの記録

  1. 2008年


メニュー
更新案内