INTRODUCTION to ISLAMIC ARCHITECTURE 
イスラーム建築入門

神谷武夫

イスラム建築入門

HOME

このページには、雑誌などの求めに応じて書いた、イスラーム建築についての初歩的な解説の文章を集めました。体系的なものではありませんが、気軽に読んでイスラーム建築に親しみを感じてもらえればと思います。今後も、少しずつ記事をふやしていきます。

 イスラーム建築 Q (芸術新潮)
イスラム建築 Q&A
 モスク分類典型 (イスラーム建築)
モスクの典型
 イスラーム庭園 (TRADEPIA)
イスラム庭園
 インドイスラーム建築 (季刊文化遺産)
インドのイスラム
 砂漠城砦都市・バム(イラン)(中外日報)
砂漠都市 バム
 ハッサンファティ仕事(エジプト)
 ハッサン・ファティ
HOME


アラビアの古都 マッカ(メッカ)で生まれ育ったムハンマドは、610年頃、初めて神の声を聞いた。イスラーム教の誕生である。以後、預言者(神の言葉を預かって人々に伝える者)としてのムハンマドは、次第に頻繁に神の啓示を伝えたので、それらは彼の死後イスラム教の聖典『クルアーン(コーラン)』としてまとめられた。神はただ一人であり、神の前には すべての人が平等である という教えのもとに、イスラームは急速にシリアへ、ペルシアへ、エジプトへと広がり、西はスペインから 東は中央アジアにいたる 祭政一致の強大なイスラム帝国をつくりあげた。インドには比較的遅く、12世紀末に侵入した勢力がデリーのヒンドゥ王朝を征服したのに始まるので、インドのイスラム文化は 13世紀から発展する。そしてペルシア(イラン)を経由してきたので、インドのイスラム建築は ペルシア的な性格が強い。
信者は日に 5回礼拝するので、神のまえにひれ伏す場としてのマスジド(英語で モスク)を世界中に建てた。独特なのは、すべてのモスクがマッカに向かうことで、マッカに面する壁を キブラ壁と呼び、それがマッカの方向であることを示す窪みとしての ミフラーブと、その脇の ミンバル(説教壇)を備える。外部には 礼拝の呼びかけをする塔(ミナレット)が立ち、中庭には 礼拝前に手足を清めるための泉を備えるのが一般的である。
イスラームは各地を征服すると、その地の伝統的な建築文化を継承したので、地方ごとに異なったタイプの建築様式を生んだ。典型的な4つのタイプは、列柱ホールに陸屋根のかかる アラブ型、中庭を囲んで4基のイーワーンが向かい合う ペルシア型、大きなドーム屋根が内部空間を包みこむ トルコ型、そしてメッカ側の礼拝室を 独立した建物のように際立たせる インド型である。いずれであっても、彫刻的なヒンドゥ寺院に比べれば、中庭や礼拝空間を囲み取る「皮膜的建築」であると言える。 宗派としては 多数派のスンナ派と、ペルシアを中心にするシーア派があるが、建築的な違いは ほとんどない。

(『インド古寺案内』イスラ-ム建築 より




● 前に インドの ある大学准教授から 面白いメールと写真を もらいました。彼が私のHPの英語サイトで、「イスラーム建築入門」の中の「イスラーム建築 Q&A」を読んだところ、

Q  モスクを構成する 必須要素 には どのようなものがあるのでしょう?
A  原則的には4つです。まず、マッカの方向を示す キブラ壁。この壁と対面すれば マッカを向くことができる。たとえ屋根はなくても 壁だけは どうしても必要なんです。

とありますが、厳密に言えば、モスクには壁さえも必要ない、人が神を礼拝するスペースさえあれば、そこは モスク です、という内容で、次の写真を見て下さいと、2枚の よく撮れた写真を添付してくれました。おそらく、この前の(私の パキスタン旅行中の 2010年11月17日)イードの祭礼の時の 集団礼拝だと思います。

イスラム入門  イスラム入門

彼の言うことは まったくその通りで、たとえば、先日 パキスタンのハイダラーバードで泊ったホテルでは、左下の写真のように、ベッドサイドに キブラ QIBRA の方向を 矢印で示すシールが 貼ってありました。礼拝時刻に、この方向に礼拝をすれば、このホテルの一室も モスクになるわけです。ジャイナ教には スターナカヴァーシーという、いわば無教会派があって、寺院それ自体を否定していますが、イスラームでは、自宅で一人で礼拝をしてもよいが、モスクの施設内で集団礼拝したほうが一層よいと、『クルアーン』には書いてあります。

イスラム入門  イスラム入門

右の写真は インドのチェザルラの近くにある イードガーで、田園のなかに一枚のキブラ壁のみが立っています。壁には ミフラーブのニッチがあり、壁の両端には ささやかなミナレットが立っています。 年に2度のイードの祭礼に 村人全員が集まって集団礼拝をする イードガーです。私はイスラーム「建築」の研究をしているので、建築的観点からは、自宅やホテルの一室よりも、これが ミニマルなモスク なのだと言えるでしょう。ということを返事に書いて、これら2枚の写真を送りました。

(2010/12/10)


TOP
イスラーム
© TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp