スピリチュアルメッセージ−U

「水からの伝言」、これを読んだら「なるほどそうか…」と、

目から"ウロコ"が落ちるでしょう。。
愛の法則に戻る
→ 次ページに進む
A琵琶湖、「祈りの後の結晶」
● 言葉の結晶、水からの伝言。
「水の結晶写真」
昨今、「水」を凍らせて、その結晶を写真に撮った本が静かなブームを呼んでいます。
また、「テレビや雑誌」などでも紹介されて、人々の関心を集めるようになりました。。

言葉や文字には、それぞれ固有のエネルギーが宿っています。
水に、よい言葉や文字を見せたり、音楽を聴かせると、
「水の結晶」は美しく変化するそうです。

例えば、「愛や感謝」のような言葉は、美しい結晶を作り、
逆に、暴力的な言葉は、水の結晶が壊れてしまうのである。
水には見えない世界のエネルギーを映す性質があるようです。

これまで長年、「意識や言葉」にはエネルギーがある、と言われてきました。
しかし、いくらそうは言っても、見えないものは、容易に信じることができません。
また、それを目で見えるような形で示すものもありませんでした。
ここにきて、ようやく、それを証明するようなものが現れてきました。

これを事実として見せてくれたのが、水の研究で有名な、I.H.M.総合研究所の「江本勝 氏」
である。目に見えぬ世界の一端を、事実として明らかにしたという点で画期的な出来事である。
「ありがとう」の結晶
「ばかやろう」の結晶
写真は、I.H.M.総合研究所
より転載しています。

● 常識では考えられないことですが・・・
ガラス瓶に水を入れて、一方には、「ありがとう」と書いた紙を貼り、
もう一方には、「ばかやろう」と書いた紙を貼り、
水の結晶を写真に撮ると、大きな違いが出てくるのである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで言えることは、私たちが何気なく使っている言葉が、いかに大事なのかを教えてくれます。
「よい言葉」を口にすれば、回りによいエネルギーを与え、逆に「悪い言葉」を口にすれば、破壊
のエネルギーとなってしまうのである。文字や言葉にも固有のエネルギーがあるのです。

古来より、日本では「言霊」(ことだま)という言葉があり、「言葉には霊が宿っている」と信じられ、
言葉のもつ不思議な力に気づき、大切にしてきました。昔から「言葉を選びなさい」「言葉を大切
にしなさい」などの教えがあるのはこのためです。
「しようね」の結晶
「しなさい」の結晶

● 同じように、「・・しようね」と書いた文字を貼った水は、キレイな結晶を作りますが、
「・・・しなさい」と書いた水は、結晶を作りません。












「・・・しようね」は、”ひまわりの花”のような美しい結晶です。キレイですね。
これに対して、「しなさい」は結晶を作りません。命令形は、心に伝わらないのです。
ちょっとした言葉でも、こんなに大きな違いがでてきます。意味深いですね。
「愛・感謝」は、黄金の輝きです
「自己愛」の結晶

● 最も美しい結晶をつくるのが「愛、感謝」という言葉であるという。
それは、最高の美、完璧な輝きの結晶である。
やはり、この世の中で「愛と感謝」の気持ちに勝るものはない、ということでしょう。










無条件の愛、博愛という言葉に代表されるように、愛は崇高なエネルギーです。
そして、あらゆる宗教の根源もここにある。それは私たちへの「メッセージ」です。
愛と感謝が最高のエネルギーならば、 今、私たちに最も必要とされるのは、
「愛と感謝」になります。言葉で言うと 「ありがとう、愛してます!」。
「ムカツク、殺す」の結晶、
恐ろしい姿です。

言われた人より、言った人が
影響を受けることになります。

● 若い人たちが言葉にする、「ムカツク、殺す」の結晶です。
醜くゆがみ、すさまじいほど破壊的なエネルギーである。









この結晶は、「アドルフ・ヒットラー」という文字の結晶とよく似ているそうです。
テレビやゲームから流れてくる「残虐な言葉」や、破壊的なシーンは要注意です。
子供にいかに影響を及ぼすかか想像できます。。
人が言葉を発すれば、それを最初に受け取るのは「自分自身」です。
それが良い言葉であれ、悪い言葉であれ、自分の発した言葉は、まずは耳に聞こえ、
そして、「全身」に響き渡ります。人間の体の70パーセントは水です。言葉を発すれば、
(「水の結晶」みたいに)、言葉のエネルギーが「体」に刻まれることになるでしょう。

良い言葉であれ、悪い言葉であれ、すべては自分に返ってきます。
他人には聞こえないような小声でも、自分の耳には確実に届きます。
人の悪口、暴力的な言葉であれば、それも自分の体に刻まれることになる。
自分で自分の体を傷つけていることになる。意味深です。
「ばかやろう」
「ありがとう」

● これは、小学生の実験です。
瓶に「ご飯」をつめて、片方には「ありがとう」と書いた文字を貼り、
もう一方には、「ばかやろう」という文字を貼り、学校から帰るたびに、毎日、
瓶に向かって、「ありがとう」、「ばかやろう」と、大きな声で叫んだ結果です。










1ヶ月後には、「ばかやろう」と言われた「ご飯」は、腐敗して「真っ黒」になり、
「ありがとう」と声をかけた「ご飯」は、発酵して麹のような香りになったそうです。

いい言葉と悪い言葉には、これほどまでに差があり、大きな影響を与えてしまいます。
少なくとも、食事をするときは、手を合わせて、「ありがとう」と感謝の気持ちをあらわし、
「いただきます」、「ごちそうさま」と声をかけることが大切です。ご飯もおいしくなります。
子供にはそのような教育が大切です。
 
不思議なもので、子供といえども、「ありがとう」と言うときは、自然に声も優しくなり、
逆に、「ばかやろう」というときは、その雰囲気も厳しくなるそうです。子供は正直です。  
● さらに、他の実験では、もう一つの瓶を用意して、その瓶にはラベルを貼らずに、
声もかけないで放置した結果です。一番、最初に腐敗したのが「ばかやろう」の方ではなく、
無視した方のご飯であったと言う。

無視する、声をかけないということが、これほどまでに大きなダメージを与えてしまいます。
叱れられてでも、声をかけてもらいたい、子供の心理がこれでわかるような気がします。

声をかける、関心を示すというのは、生命エネルギーを与えるということを意味します。
いちばん、生命を害するのは、「無視」されることなのである。愛という言葉の反対語です。
例えば、花や植物に、毎日のように「おはよう、元気、キレイだね」と声をかけると、そうす
ると、その花は大きく育って綺麗な花をつけるそうです。他方の言葉をかけてもらえない
花は弱々しく、小さな花を咲かせる。言葉のエネルギーはこれほどまでに影響を与える。

● 祈り、意識の力! 思いのエネルギーは、”水を浄化”します。
「水への感謝・祈り」を行うと、結晶にも変化が現れ、荘厳な結晶を作ります。
(1999年7月25日、朝4時30分、350名の人が集まって琵琶湖に向かって祈りをささげたと言われる)
@琵琶湖、「祈りの前の結晶」
合掌したときにできた
「祈りの水の結晶」
群馬県の藤原ダムの水。

寺の住職が祈祷した後に
できた水の結晶です。
それは完璧な結晶です。

このような水を飲んだら、
心身ともに健康になる
でしょうね。
どんなに汚れた水、水道水でも、人の思いや祈りに応えてくれるというのは、神さまからの
プレゼントかもしれません。いま地球規模での環境汚染が進んでいますが、私たちの努力
しだいで、よくなるということが分かってきました。思いやり、祈りが純粋であれば、水は美
しい結晶に変化してくれるのです。感謝、ありがたいことです。

意識には、このような力がある。私たちが思い考えることが、それが形(現実)となって現れ
てくるのです。だからこそ、良いことを望むなら、自分の言葉に気をつけたり、やさしさ、思い
やりなど相手の人を敬う気持ちが大切になります。
 
昨今より、「水の安全」が問われています。「塩素」が入った都会の水道水は、結晶が崩れて
無残な姿になります。これに対して、自然の湧き水の結晶はダイヤモンドのような輝きを見せ
てくれます。水を飲む時は、塩素を取り除いて、「ありがとう!」と一声かけて飲むと いいです。
そうすれば、ミネラルウォータよりもおいしい水になるでしょう。。。

● 今、地球環境の危機が叫ばれ、私たちはその瀬戸際に立たされている。
異常気象とは、あえて言えば、私たちの破壊的な行動、否定的な思いが外側に投影された
ものです。巨大な地震や台風、ハリケーンが猛烈な破壊をもたらして駆け抜けるとき、それは
私たちが空間に放出したネガティブな思い、「怒り、憎しみ、うらみ、絶望」というエネルギーが
荒れ狂っているのかもしれない。
 
あるいは、地球の深部にある「痛みの波動」、
それは現在、”戦争や争い、飢え”で苦しんでいる人々の想いかもしれない。
 
人間の思考や感情には、創造の力がある。怒り・憎しみなどのネガティブな感情は、外へ出した
からといって、それが空間に消え去るのではない。ネガティブなエネルギーは、その「発生源」に
戻ることによってのみ表現される。それが今の地球の姿、荒れ狂う異常気象なのだ。

人は絶望すると、免疫力が落ちて、病気になったりします。
水は言葉のエネルギーを映し出すから、「絶望」のという文字は、それを想像させる ような結晶
を作ると推定できます。しかし、実際には六角形になろうとする結晶を作るそうで す。どんな絶望
にも、「希望」があるということです。水の結晶は、私たちにそのことを教えて くれます。感激です!
たとえどんなに辛くても、越えることができるのです。
参考・推薦図書、著者 江本 勝
「水は答えを知っている」サンマーク出版、(分かりやすく解説してあります)。
『写真集「水からの伝言」 vol.2』 波動教育社、(感動的な写真がいっぱいです)。
ホームページ、http://www.masaru-emoto.net/jp/

『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』、リン・マクタガート著、
この本は、「3000年記を予見する」と言われる書で、医療のトップジャーナリストが、世界の50人
以上の最先端科学者を取材した本です。欧米で販売されるないなやセンセーショナルな反響を
及ぼし、これまでの常識をくつがえす内容である。(★「水の記憶」についても書かれています)

これまで、”タブー視”してきた「見えない世界」、この本はそれを科学の目から、既存の科学的
理論、実証データを基に、仮説−検証、再現性を踏まえて紹介している。宇宙の力の源となる
量子エネルギーの場の「ゼロ・ポイント・フィールド」(ZPF)という量子物理学のキーワードを軸
として、量子力学が問いかけてきた可能性を、意識、脳、細胞、DNA、水やホメオパシーまで
広げ、最新科学の成果を紹介しています。

「肯定、否定」、いろいろありましょうが、そんな中で、水の結晶の実験はそれを証明する前触れ
のように思われる。いずれにしても、今日の最先端科学では、意識や精神といった目に見えない
領域まで踏みこまないと、うまく解明できないのかもしれない。
→次のページに進む