TOPページに戻る
心と体−聖なる智恵の贈物!

今日、医療技術が格段に進歩し、「寿命」も伸びました。
しかし、一向に減らないのが病気です。
病院を変えても、薬を変えても、病気はなかなかよくなりません。
何が原因なのでしょうか??
重症筋無力症からの回復

例えば、何かに深く悩んだり、心配したりして、それが続くと、胃が痛くなったり、胃潰瘍になった
りします。誰もが一度は経験があるでしょう。精神的ショックが大きいと、一晩で髪の毛が「まっ白」
になることもあります。このように、体は精神状態に反応します。人間の思うことは、これほどまで
に自分の体(細胞の遺伝子)に「ダメージ」を与えてしまいます。また、余命数ヶ月と言われた人が、
奇跡的に回復するような事があります。信念、思いの力です。

ということは‥心で思うことは脳から体(細胞)へと伝わり、DNA遺伝子に影響を与えると言うこと
であり、ネガティブな思いは、自分の体に大きなダメージとなってしまいます。それは、身体に流れ
込む”生命エネルギー”の流れをせき止めてしまうのである。ですから、まずは自分の体を大切に
しましょう。やさしい言葉をかけてあげましょう!

● 自分を大切にしましょう! 体に感謝しましょう! 

人に生まれたゆえの喜びや悲しみ・・・
生まれてこれまで、人にはいろんなこだわり、つらいこと、悲しみ、苦しいことがあります。そして
体は、あらゆる苦しみ、あらゆる悲しみ、その思いを全部受け止めてくれます。私たちがどんな
姿勢でいても、何をやっていようと、体は休むことなく働き、命を支えてくれます。起きているとき
も、寝ているときも、心臓を動かし、血液を運び、片時も休まず働いてくれます。ですから、健康を
願うならば、まずは、自分の体に「ありがとう」という感謝の気持ちが大切になってきます。

体にどこか悪い所があれば、いたわってあげましょう。
「いつも、いつも、ありがとう」、「今まで、どうもありがとう」と。胃腸でしたら胃腸を、肝臓でしたら
肝臓を。ハートでしたらハートを。その感謝の思いは一つひとつの細胞に伝わって、細胞はエネ
ルギーを高めます。人が何かに感謝するとき、それは何にもまさる崇高なエネルギーです。その
エネルギーに包まれれば、どんな病気やトラブルからも解放されます。心も体もパーフェクトに自
らを癒していきます。そして、その人は幸せの波に乗ってゆきます。(それが、自分で自分を癒す
『セルフヒーリング』と言われるものです)
● 感謝!自分を癒す「セルフヒーリング」

心の中が悲観的、否定的になっているときは、体も悲観的、否定的になります。
そのようなときは、体の中にさまざまな「悲観的物質・否定的物質」が形成され、それがDNA
遺伝子を傷つけ、細胞の働きを弱めます。そして、免疫力が低下し、その結果、病気になった
りします。だから、健康を保つためには、まずは精神的に健康であることが大切です。

★何十年も続けてきた悪い習慣、心の葛藤や苦しみ、心にため込んだ憎しみ・悲しみ、 それが
積み重なってくると、マイナスエネルギーが体に蓄積していきます。そのような見えないものが
重なり積もって、体が耐えきれなくなったとき警鐘を鳴らします。それが病気だと言えるでしょう。
自然治癒力や免疫力が低下するのも、「マイナスエネルギー」が蓄積した結果に過ぎません。
だから、人は自分の「心の管理」が大切になります。
● 病気をつくる「マイナスエネルギー」

人が何かに深く悩んだりして、それが続くと胃潰瘍になったりします。
精神状態によって、人が胃潰瘍になったり、髪の毛が抜け落ちたりするなら、長年、心の中にた
め込んだ「憎しみや怒り、不満、ねたみ、劣等感、悪口」などのネガティブなエネルギーが、自分
の体を痛みつけて、それが病気となって現れてきたとしても、なんら不思議ではありません。

そして”憎悪”は、いちばん破壊的な精神状態である。”憎しみ”のエネルギーは体内で”毒素”を
作り、自分の体に大きな害を及ぼす。また、不安や恐れは「体の働きを弱め」、精神的・肉体的に
も大きな影響を及ぼす。こんなときに、人は病気になったりする。また、怒り・短気・貪欲、批判など
のネガティブな思いは、細胞レベルで自分の身体を攻撃し、病気となって現れてくるのである。

「気の世界」では、過度のストレスは、肝臓や腎臓に障害を起こし、”怒り”は体内で毒素を作って
肝臓に障害を与え、”恐怖”は腎臓に、”悲しみ”は肺に害を与えると言われます。人が怒ったとき、
脳から分泌される「ノルアドレナリン」は、別名、「怒りのホルモン」とも呼ばれ、強い毒性を持つ。
ポジティブなエネルギーは、気血の流れをよくし、免疫力を高めて健康体を保ってくれるのである。
● 腰痛は”怒り”である?

昨今、『腰痛は<怒り>である』という本が注目されています。
腰痛、肩こり、関節痛などの身体的痛みは、「心の痛み」から来ているというのです。この理論
の提唱者、「ジョン・E・サーノ博士」は、体の痛みは、単に体の構造的な異常ではなく、心の苦
痛を無意識に抑えることによって発症しているという。(腰痛にもいろんな原因がありますが、
原因の分からない腰痛などの場合、その原因が案外ここにあるかもしれません)。

ストレスが腰痛の引き金になるのは、「医学的な実験」でも証明されている。(NHKスペシャル
「病の起源」腰痛の謎)。一般の腰痛(腰に原因がある場合)は、脳の「視床下部」が反応して
痛みを感じますが、原因不明の腰痛は、高度な精神作業をする「前頭葉」が反応することが分
かってきました。ストレスから来る腰痛は「前頭葉」で感じる。実際、家庭や職場でのストレスが
解消したことで、腰痛が治った事例も見られる。

「ジョン・E・サーノ博士」の本を読んで、長年の腰痛が治ったという人もいる。そのような人は
きっと腰痛の原因が自分の中にある「怒り」にあったことに”気づく”ことで、腰痛という”痛み”
が消えたのかもしれません。では、読んでも治らない人は?基本的な生活自体を変える必要
があったり、病気や痛みを保つことによって、家族や親しい人の関心や注目を得る必要があっ
たり、あるいは、もっと他に気づく必要があったりなど、様々なことが考えられます。

いずれにしても、ネガティブなエネルギー(怒り、悲しみ、憎しみ、不安など)を溜め込むと、それが
体に現われ、時として、腰や背中の凝りや痛みとして出ることもあります。それが慢性的なストレ
スになって、不眠やウツの症状になる場合もある。このような時は肩や背中などに溜まっている
エネルギーを開放していく必要がある。

(また、リウマチ性関節炎の場合も、情緒的なことが作用していることもある。これは女性に多く、
自分の感情や怒りを抑制していたり、根深い感情的な問題に向き合うことを避けていた時、それ
が引き金になって発病することもある)。心的ストレスが免疫力の働きを阻害しているのでしょう。
● 日々入れ替わる「新しい細胞」

私たちの体は60兆個の細胞からなり、1秒間に50万個の細胞が生まれ変わると言われている。
皮膚の細胞は四週間で新しくなり、胃腸内壁は五日ごと、、肝臓の細胞は六週間ごと、骨格の
細胞は三ヶ月ごとで入れ替わり、一年もたてば、体のほとんどは新しい細胞に入れ替わると言わ
れる。DNA遺伝子でさえ、六週間前と同じではありません。放射性同位元素の研究では、体は
一年未満で体内の98%の原子を入れ替えると言われる。

そして、心で思うことが体に影響を与えるならば、毎瞬毎瞬、私たちが思ったり、感じたりしてい
ることが、新しい細胞に影響を与えていることになる。もし、そのとき、「自分の病気は治らない」
という悲観的な思いであれば、その思いを受けて、細胞(遺伝子)は分裂を繰り返すことになる。
悲観や絶望は、体の働きを弱める「負のエネルギー」になってしまうのである。

例えどんな病気であっても、その細胞自体は日々「新しく入れ替わっている」という事実は、
明るい希望です! とすれば、必要なことは、「自分の体は日々よくなっている!」という思い、
細胞の働きを高め、体のエネルギーを高めるポジティブな思いである。
● 病気を修復するエネルギー

例えば、深刻な悩みで、精神的なショックが大きいと、一晩で髪の毛が「まっ白」になるなどの
ケースがあります。人間の思うことは、これほどまでに体に「ダメージ」を与えてしまいます。
わずか一晩で、正常に働いていたDNA遺伝子に”変異”が起きたということであり、もし人間の
意識の変化によって、DNA遺伝子に変化が生じて”逆のことが起これば”人はそれを「奇跡」と
呼びます。→病気回復と潜在意識

一晩で、髪の毛が”まっ白”になったり、胃に穴があいたり・・・考えてみれば、これはものすごい
パワーです。元々は「正常な遺伝子」、これを意識の力で遺伝子に”変異”を起こさせたことにな
る。自分で病気を作ったことになり、人間は超能力者みたいです。また、「火事場のばか力」とい
う言葉がある。実際、心境が大きく変わることで、病気が劇的に改善することもあります。

もし、私たちが健康を願うなら、どうやって自分の体に接したらいいでしょうか?
まずは、このように考えることが必要です。人が思い考えること、その一つひとつの思考が、
自分の身体に伝わるのです。記憶は脳だけではなく、身体(細胞)も記憶するのである。
不思議に思うかもしれませんが、このことは、しっかり覚えておく必要があります。

細胞の遺伝子情報には、両親から受け継がれた情報、さらには親の親からの情報、幾世代
に渡る情報も記憶されていますが、当然のように、今あなたが思い考えることも、体の細胞に
記録されます。それゆえ、人間の体は単なる細胞の集まりではなく、そこには「意識」が宿って
いると考える必要があります。非常に大事なことです。

例えば、もし、あなたが自分の顔、目や鼻の形を”嫌い”と思っていれば、体はどのように反応
するでしょうか。脳は細胞の意識からメッセージを受け取ります。あなたの否定的な思いを受け
て、脳はストレスから、顔の”しわ”に、さらに深みを加えるホルモンを放出するかもしれません。
その結果、あなたが自分で作り出している否定的なイメージを、さらに悪くするかもしれません。

逆に、もしあなたが、自分の顔や目鼻を気に入っていれば、あなたの脳は、あなたの思いに合
わせて力強く反応して、あなたの容姿にいい影響を及ぼす「キレイ・ホルモン」をいっぱい分泌す
るしょう。その結果、あなたの細胞は若返り、イキイキしてくるでしょう。だから、自分を否定しない
ことです。「自分を好きになる」ことが大切です。

今日から、”鏡”に向かっとき、毎日、自分に向かって話しかけましょう。
「今の自分がとても大好き」、「自分を大好き、キレイだ」と話しかけましょう。。
必要なことは傷つける思考ではなく、健康的な思考です。傷つける思考というのは、否定的、
批判的な思いです。健康的な思考とは、プラスのエネルギー、気持ちを高揚させるポジティブな
思いです。細胞の働きを高める思いです。そして、あなたが自分の体に感謝するとき、 体はあ
なたの思いを受けて波動を高め、体の働きを高めていきます。
病気を作ってしまったのが自分であれば、それを直すのも自分です。
ネガティブな思いが病気となって現れてたのであれば、そのエネルギーを変えることです。
この頃、医学の世界でも、心と体のつながりを認めるようになりました。
「心と体は全く関係がない」等と言うようなお医者さんは、さすがにいなくなりました。。
 
思考の持つエネルギーは、強力です。
ネガティブに作用すれば、病気を引き起こすエネルギーになり、ポジティブに作用すれば
病気を修復するエネルギーになります。自分の負のエネルギーが「遺伝子」に変異を与え、
病気を作ってしまったのであれば、その同じ力で遺伝子の働きを正常に戻すことです。
「病気をつくる力と、病気を治す力」は同じもの、エネルギーの向け方が違うだけです。 

現在、医療水準がこれほどまで発達しても、病院を変えても、薬を変えても、病気はなかなか
よくなりません。どうしてでしょうか。自分にも原因があるとすれば、 「自分を変えることが、病気
回復につながる」ことに、早く気づかなければなりません。病気になったということは、「あなたの
考え方・生き方に問題があるよ」と体が教えているからです。自分の中にあるネガティブな感情
と、いつかは向き合う必要があります。

人が三日間、生死の境をさまようと「聖者」になれると言われます。
大病は、それくらいの経験をすると言われます。別に、聖者になる必要はありませんが、病気に
なったら、なぜこうなったのか、これまでの生き方・考え方を見直すことです。そうしないと、単に
痛い、苦しかった辛い思いだけで終わってしまいます。そこには何も残りません、残るのは辛い
経験だけです。そうではなくて、そこから何かを得ることです。そうすることで苦しかったことの意
味もあり、病気の回復も早まってきます。

病気だけではなく、一見して不幸と思えるような出来事も同じです。
原因を他人や周囲のせいにしているかぎり、いつまでたっても解決策が見つからず、苦しみが続
きます。しかし、「原因の一端を自分で作っている」ということに気づけば、何をどうしたらいいか、
分かってきます。問題の解決も早まってきます。そのようなことに早く気づくことが大切です。

病気はいろんなことを教えてくれます。考える機会を与えてくれます。健康ということが、どんなに
有り難いことなのかも、気づかせてくれます。病気になって、人の優しさ・思いやりに触れ、そして、
自分が苦しい思いをしたことで、人の痛みが、もっともっと分かるようになり、回りの人にも、自分
にも優しくなっていく。もしかしたら、病気はそれを教えるためにやって来るのかもしれません。
● 自分の波動を高める