「環境・交通・まちづくり市民フォーラム2015」


日時:
2015年3月1日(日)午後13:30-16:30(開場13時)
会場: 主婦会館プラザエフ 9階スズラン(約100名)

JR四ッ谷駅 麹町口駅前ロータリー正面   東京都千代田区六番町15
http://plaza-f.or.jp/

全体テーマ:持続可能な、まちづくりへ「公共交通+物流」未来への展望
 主催:環境・交通・まちづくり市民フォーラム実行委員会、東京あおぞら連絡会
 後援:青空の会、主婦連合会、環境NGOエコ・クリエーターズ・クラブ
 参加費:当日資料費として500円(学生無料)

高齢化・人口減少時代における、環境にやさしい公共交通・物流の推進を図る為にも、
クルマから鉄道や舟運への転換であるモーダルシフトや、持続可能な移動手段としての
自転車走行空間が求められています。また、東京という大都市自身が生み出している大
気汚染物質PM2.5の問題は未だに解決していません。
公共交通を含めトラック運転者や物流を担う人材が減少するなか、ライフラインを担う
物流や公共交通の重要性を社会全体で再認識する必要があります。環境にやさしい交通
輸送手段と連携した、まちづくりについて皆様と考える機会にしたいと思います。

基調講演(敬称略以下同)
●高橋愛典  近畿大学経営学部教授
「物流まち歩きのススメ −水辺から、まちを味わい、まちをつくる−」

パネリスト予定(各15分−20分前後ミニ講演)

●阿部彰   一般社団法人 まちふね みらい塾  常務理事/建築家・都市環境プ
ランナー
「舟運と公共交通・物流・自転車の連携ネットワークについて」
●鈴木美緒   東京工業大学助教
「自転車走行空間と公共交通との連携」

コメンテーター予定
●石川牧子  東京公害患者と家族の会副会長
●山田和昭  若桜鉄道株式会社 代表取締役社長

●コーディネーター 鈴木一之  環境NGOエコ・クリエーターズ・クラブ代表
●付随企画
会場後方で参加団体によるA1パネル展示
講演者書籍販売
パネル展示を翌日から主婦会館1階入り口ホールで1ヶ月ほど開催。

<問い合わせ>
mail: oama@nifty.com エコ・クリエーターズ・クラブ 鈴木
電話:03-5802-3551 東京あおぞら連絡会

パネル展示参加予定団体
●環境・交通・まちづくり市民フォーラム2015 実行委員会●東京公害患者と家族の会
●NPO法人 全国鉄道利用者会議●一般社団法人まちふねみらい塾●大気汚染測定運動東
京連絡会●持続可能な地域交通を考える会(sltc)●東京あおぞら連絡会●一般社団法
人カーフリーデージャパン●環境NGO エコ・クリエーターズ・クラブ●都電網研究会●
若桜鉄道株式会社●鈴木美緒東工大助教(屋井研究室)●らくもび●青空の会●見附市
●三原橋を考える市民の会●他
ーーーーーーーーー