環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014


開催日時:2014年2月23日(日)
午後13:30から16:50(参加団体によるA1パネル展示作業は13時頃から。開場13時)
全体で約3時間半ほど
会場:「主婦会館プラザエフ」(JR四ッ谷駅前 麹町口 )9階スズラン(約100名収容

当日資料代として500円(学生無料)


<テーマ> 公共交通推進と物流の新たな可能性
〜PM2.5など汚染物質を減らす為にできること〜



 鉄道、舟運、自転車など公共交通利用推進を図り、モーダルシフトにつながる物流と公
共交通の連携や混合輸送など環境にやさしい新たな移動の可能性について実例を基に議
論します。
 トラックや自家用車による移動を減らし、PM2.5など微小粒子状物質などによる大気汚
染を軽減する為の方策を多角的に探る。「歩くまち京都」を推進している京都市の事例
や、ヤマト運輸の路面電車(嵐電)による貨物輸送などの取り組みを全国的に広げられ
ないか検討。また、郊外型大型店による中心市街地商店街の衰退問題などライフスタイ
ルの改善につながる、クルマに頼りすぎないまちづくりなどを参加者の皆さんと考えま
す。



●基調講演
 土井勉  京都大学大学院特定教授
「公共交通と環境に配慮したまちづくり-実現への道筋-」


5分報告
●西村隆雄  弁護士(東京あおぞら連絡会)
 「PM2.5等大気汚染現状報告」(5分)

パネリスト予定(10~15分ミニ講演)

●須永俶子 NPO法人 江東区水辺に親しむ会理事長
「河川とまちをつなぐ舟運」

●小美野智紀 らくもび
 「混合輸送による旅客と物流の共存」

●江崎美枝子  喜多見ポンポコ会議
「市民グループによる日本初の貨物自転車シェアリング」

●椎原晶子  NPO法人たいとう歴史都市研究会 副理事長
「住民でつくる、谷中のまちと暮しの作法集」


パネルディスカッションにおいて会場とも意見交換等
コーディネーター:鈴木一之 環境NGOエコ・クリエーターズ・クラブ代表

<その他>
会場後方で参加団体A1パネル展示(約20団体)
書籍等販売
終了後、2月27日午後から参加団体A1パネルを主婦会館1階ロビーで展示(3月31日午後
まで)。


主催:環境・交通・まちづくり市民フォーラム実行委員会、
        東京あおぞら連絡会

後援:主婦連合会、環境NGOエコ・クリエーターズ・クラブ、青空の会
問い合わせmail:  oama@nifty.com エコ・クリエーターズ・クラブ鈴木
東京あおぞら連絡会:TEL03-5802-3551


□環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014パネル展示参加予定団体□

●環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014 実行委員会●東京公害患者と家族の会
●NPO法人 全国鉄道利用者会議●大気汚染測定運動東京連絡会●持続可能な地域交通を
考える会●東京あおぞら連絡会●一般社団法人カーフリーデージャパン●環境NGO エコ
・クリエーターズ・クラブ●都電網研究会 ●由利高原鉄道株式会社●NPO法人 江東区
水辺に親しむ会●らくもび●青空の会●NPO法人みらくる(かつしか自転車タクシー)
●NPO法人たいとう歴史都市研究会●ヒマラヤ杉と寺町谷中の暮らしと文化、町並み風
情を守る会●喜多見ポンポコ会議●環境経済研究所/上岡直見●ほか