本 の 本

“本”に関する本たちです(金額は本体価格で税別,括弧内は発行日)。できるだけ入手可能なものをあげましたが,新刊書店では手に入らないものがあります。また,定価が変更されることもありますので,オンライン書店などで確認してください。
書名にのあるものは,内容紹介や☆ゼミ参加者の書評があります。

載せたい本,洩れている本,リンク切れなどについては連絡便 連絡便 でお知らせください。

書 物

『書物の秩序』
 ロジェ・シャルチエ 著,長谷川輝夫 訳,ちくま学芸文庫,854円(1996.4)

『書物について ──その形而下学と形而上学
 清水 徹 著,岩波書店 刊,4600円(2001.7)

『20世紀 雑誌の黄金時代』
 荒俣 宏 著,平凡社 刊,4700円(1998.10)

『グーテンベルクの銀河系 ──活字人間の形成
 マーシャル・マクルーハン 著,森 常治 訳,みすず書房 刊,7500円(1986.2)

『美しい書物の話 ──中世の彩飾写本からウィリアム・モリスまで
 アラン G. トマス 著,小野悦子 訳,晶文社 刊,2700円(1997.5)

改訂版 書誌学
 杉浦克己 著,放送大学教育振興会 刊,3300円(2003.3)
 *放送大学テキスト(TV)

図説 本と人の歴史事典』
 高宮利行・原田範行 著,柏書房 刊,8900円(1997.4)

『本と活字の歴史事典』
 印刷史研究会 編,柏書房 刊,9500円(2000.6)

印刷博物誌
 凸版印刷株式会社印刷博物誌編纂委員会 編,凸版印刷 刊,50000円(2001.6)

『本の歴史』〈知の再発見双書〉
 ブリュノ・ブラセル 著,荒俣 宏 監修,木村恵一 訳,創元社 刊,1400円(1998.12)

『さまよえるグーテンベルク聖書』
 富田修二 著,慶應義塾大学出版会 刊,2800円(2002.8)

『日本の近代活字 ──本木昌造とその周辺
 『日本の近代活字 本木昌造とその周辺』編纂委員会 編著,NPO法人 近代印刷活字文化保存会 発行,朗文堂 発売,2800円(2003.11)

出 版

『だれが「本」を殺すのか』上・下
 佐野眞一 著,新潮文庫,各667円(どちらも2004.6)

『本の未来はどうなるか ──新しい記憶技術の時代へ
 歌田明弘 著,中公新書,780円(2000.11)

『特集・本の雑誌1 ──出版業界篇
 本の雑誌編集部 編,角川文庫,540円(1995.11)

出版再生 ──アメリカの出版ビジネスから何が見えるか
 賀川 洋 著,文化通信社 刊,2200円(2001.6)

『出版、わが天職 ──モダニズムからオンデマンド時代へ
 ジェイスン・エプスタイン 著,堀江 洪 訳,新曜社 刊,1800円(2001.12)

『池島信平文集 』
 池島信平 著,文藝春秋 刊,謹呈版(1973.6)
 *『雑誌記者』『歴史好き』(ともに中公文庫)などがあるが絶版

『出版人物事典 ──明治〜平成 物故出版人
 鈴木徹造 著,出版ニュース社 刊,2800円(1996.10)

『時代を創った編集者101』
 寺田 博 編,新書館 刊,1800円(2003.8)

『ペンネームの由来事典』
 紀田順一郎 著,東京堂出版 刊,2600円(2001.9)

『出版女性史 ──出版ジャーナリズムに生きる女性たち
 池田恵美子 編著,世界思想社 刊,2500円(2001.11)

『白書 出版産業 ──データとチャートで読む日本の出版
 日本出版学会 編,文化通信社 刊,2500円(2004.5)

『こちら本の探偵です』
 赤木かん子 著,ちくま文庫,700円(2005.9)

本づくり

『印刷に恋して』
 松田哲夫 著,内澤旬子 イラストレーション,晶文社 刊,2600円(2002.1)

『活字が消えた日 ──コンピュータと印刷
 中西秀彦 著,晶文社 刊,2524円(1994.6)
 *その後の状況は『印刷屋の若旦那コンピュータ奮闘記』『〜part2』(ともに印刷学会出版部)

『消えた印刷職人 ──活字文化の揺籃期を生きた男の生涯
 ジャン=ジル・モンフロワ 著,宮下志朗 訳,晶文社 刊,1845円(1995.12)

『紙のおはなし 改訂版』〈おはなし科学・技術シリーズ〉
 原 啓志 著,日本規格協会 刊,1400円(2002.2)

『紙の道 (ペーパーロード)
 陳 舜臣 著,集英社文庫,543円(1997.1)

『紙の大百科』
 美術出版社 刊,2500円(2001.4)
 *『デザインの現場』2000年11月号増刊「紙の大百科」を改装したもの

『紙葉の家』
 マーク Z.ダニエレブスキー 著,嶋田洋一 訳,ソニー・マガジンズ 刊,4600円(2002.12)

組版/タイポグラフィの廻廊
 府川充男ほか 著,白順社 刊,3800円(2007.12)

『そこに文字が』
 金田理恵 著,筑摩書房 刊,1500円(1997.9)

現代社会と著作権
 斉藤博・作花文雄・吉田大輔 著,放送大学教育振興会 刊,2200円(2002.3)
 *放送大学テキスト

カラー版 本ができるまで
 岩波書店編集部 編,岩波ジュニア新書,980円(2003.6)

印刷まんがシリーズ 本づくり』
 山本隆太郎 監修,じびきなおこ 画,印刷学会出版部 刊,1800円(2003.7)

あたらしい教科書 2 本
 永江 朗 監修,プチグラパプリッシング 刊,1500円(2006.3)

『本はこうしてつくられる』
 アリキ 作・絵,松岡享子 訳,日本エディタースクール出版部 刊,1748円(1991.7)

インターネットで文献探索 2003年版
 実践女子大学図書館 編,伊藤民雄 著,(社)日本図書館協会 刊,1800円(2003.9)

カバー、おかけしますか? 本屋さんのブックカバー集
 出版ニュース社 編,出版ニュース社 刊,2500円(2004.12)

青い鳥文庫ができるまで
 岩貞るみこ 著,講談社,1200円(2012.7)

『地球文字探険家』
 浅葉克己 著,二玄社 刊,1800円(2004.5)

『出版事典』
 出版印刷事典編集委員会 編,出版ニュース社 刊,6500円(1971.12)
 *古書で1500〜3000円程度

『印刷事典』
 日本印刷学会 編,印刷朝陽会 発行,印刷学会出版部 販売,12000円(2002.1)

『The Chicago Manual of Style ──15th ed.
 The University of Chicago Press 刊,55.00 US$(2003.8)

『The Oxford Guide to Style』
 Oxford University Press 刊(2002.4)

新編 出版編集技術
 日本エディタースクール 編,日本エディタースクール出版部 刊,上巻:6000円(1997.4),下巻:4500円(1997.7)

標準 編集必携 第2版
 日本エディタースクール 編,日本エディタースクール出版部 刊,1980円(2002.8 第2版第1刷)

校 正

『校正夜話』
 西島九州男 著,日本エディタースクール出版部 刊,1600円(1982.11)

『校正の散歩道』
 古沢典子 著,日本エディタースクール出版部 刊,1800円(1979.9)

『活字狂想曲 』
 倉阪鬼一郎 著,幻冬舎文庫,533円(2002.8)
 *印刷会社の校正係としての日々

『石川啄木と朝日新聞 ──編集長佐藤北江をめぐる人々
 太田愛人 著,恒文社 刊,1748円(1996.7)
 *東京朝日新聞社の校正係としての啄木

誤植読本
 高橋輝次 編著,東京書籍 刊,1700円(2000.7)
 *校正についてのアンソロジー

読めば読むほど──日本語,こっそり誇れる強くなる
 毎日新聞校閲部 編,東京書籍刊,1700円(2003.6)

百鼠
 吉田篤弘 著,筑摩書房 刊,1500円(2005.1)

新版 校正ハンドブック』
 野村保惠 著,ダヴィッド社 刊,1600円(2002.10)

実例 校正教室』
 日本エディタースクール 編,日本エディタースクール出版部 刊,1400円(2000.12)

新編 校正技術
 日本エディタースクール 編,日本エディタースクール出版部 刊,上巻:5000円(1998.3),下巻:3000円(1998.4)

標準 校正必携 第7版
 日本エディタースクール 編,日本エディタースクール出版部 刊,2400円(2008.7 第7版第10刷)

用字用語

新装版 言葉に関する問答集 総集編』
 文化庁 編,独立行政法人 国立印刷局 刊,3700円(1995.3初版,2005.1第5刷)
 *1973年度から文化庁が刊行した「ことば」シリーズの総集編の新装版

『辞書と日本語 ──国語辞典を解剖する
 倉島節尚 著,光文社新書,700円(2002.12)
 *ブックレット『辞書は生きている』がもとになっている

『文字の歴史』〈「知の再発見」双書〉
 ジョルジュ・ジャン 著,矢島文夫 監修,高橋 啓 訳,創元社 刊,1400円(1990.11)

『日本語の年輪』
 大野 晋 著,新潮文庫,438円(1966.5)
 *『日本語の起源 新版』『日本語練習帳』(ともに岩波新書)などもある

『常用字解 』
 白川 静 著,平凡社 刊,2800円(2003.12)

『横書き登場 』
 屋名池誠 著,岩波新書,740円(2003.11)

『漢字と日本人』
 高島俊男 著,文春新書,720円(2001.10)

『現代日本の異体字 ──漢字環境学序説〈国立国語研究所プロジェクト選書 2〉
 笹原宏之+横山詔一+エリク・ロング 著,三省堂 刊,2600円(2003.11)

異体字の世界 ──旧字・俗字・略字の漢字百科
 小池和夫 著,河出文庫,640円(2007.7)

旧字旧かな入門〈シリーズ 日本人の手習い〉
 府川充男・小池和夫 著,柏書房 刊,2300円(2001.3)

問題な日本語──どこがおかしい? 何がおかしい?
 北原保雄 編,大修館書店 刊,800円(2004.12)

『人名用漢字の戦後史 』
 円満字二郎 著,岩波新書,740円(2005.7)

差別用語の基礎知識 '99 ──何が差別語・差別表現か?
 高木正幸 著,土曜美術社出版販売 刊,3200円(1999.7)

徹底追及「言葉狩り」と差別』
 週刊文春編集部 編,文藝春秋 刊,1381円(1994.10)

『康煕字典』
 上海書店 刊,17.50元(1985.12)
 *『標註訂正 康煕字典』は,渡部温 校訂,講談社 刊,1万8000円(1978)

増補改訂 JIS漢字字典』
 芝野耕司 編著,日本規格協会 刊,5500円(2002.5)

『記者ハンドブック 新聞用字用語集 第9版
 共同通信社 編著,共同通信社 刊,1700円(2001.3)

『朝日新聞の用語の手引 05-06版
 朝日新聞社用語幹事 編,朝日新聞社 刊,1400円(2005.5)

【最新版】 毎日新聞用語集』
 毎日新聞社 編,毎日新聞社 刊,1400円(2002.2)

書店・流通

神保町「書肆アクセス」半畳日記
 畠中理恵子・黒沢説子 著,無明舎出版 刊,1600円(2002.5)

『本の国の王様』
 リチャード・ブース,ルシア・スチュアート 著,東眞理子 訳,創元社 刊,2000円(2002.1)

『オンライン書店大論争──インターネットか? 街の本屋か?』〈別冊・本とコンピュータ 2〉
 「本とコンピュータ」編集室 編,大日本印刷株式会社ICC本部 発行,トランスアート 発売,1000円(2000.4)

本屋はサイコー!
 安藤哲也 著,新潮OH!文庫,486円(2001.12)

よくわかる 出版流通のしくみ』〈よくわかる出版シリーズ〉
 「しゅっぱんフォーラム」編集部 編,メディアパル 刊,343円(2001.3)

『ブックストア──ニューヨークで最も愛された書店
 リン・ティルマン 著,宮家あゆみ 訳,晶文社 刊,2500円(2003.1)

『インターネットで古本屋さんやろうよ!』
 芳賀健治 著,大和書房 刊,1500円(2003.3)

『書店の近代──本が輝いていた時代
 小田光雄 著,平凡社新書,740円(2003.5)

『神保町の蟲──新東京古書店グラフィティ
 池谷伊佐夫 著,東京書籍,1700円(2004.11)

古本屋 月の輪書林
 高橋 徹 著,晶文社 刊,1900円(1998.6)

本の小説

死の蔵書
 ジョン・ダニング 著,宮脇孝雄 訳,ハヤカワ・ミステリ文庫,800円(1996.2)

『幻の特装本』
 ジョン・ダニング 著,宮脇孝雄 訳,ハヤカワ・ミステリ文庫,880円(1997.9)

『永遠(とわ)も半ばを過ぎて』
 中島らも 著,文春文庫,448円(1997.9)
 *写植オペレーターが主人公

『図書館警察』
 スティーヴン・キング 著,白石 朗 訳,文春文庫,914円(1999.8)

『私家版』
 ジャン=ジャック・フィシュテル 著,榊原晃三 訳,創元推理文庫,600円(2000.12)

『図書館の死体』
 ジェフ・アボット 著,佐藤耕士 訳,ハヤカワ文庫ミステリアス・プレス文庫,740円(1997.3)
 *図書館長ジョーダン・ポティート シリーズ

淋しい狩人
 宮部みゆき 著,新潮文庫,514円(1997.2)

『古本屋探偵の事件簿』
 紀田順一郎 著,創元推理文庫,980円(1991.7)

せどり男爵数奇譚
 梶山季之 著,夏目書房 刊,1359円(1995.6)
 *ちくま文庫版は,780円(2000.6)

『薔薇の名前』
 ウンベルト・エーコ 著,河島英昭 訳,東京創元社 刊,上:2300円,下:2300円(1990.1)

『禁書売り──緒方洪庵・浪華の事件帳
 築山 桂(つきやま けい)著,鳥影社 刊,1800円(2001.4)

『華氏451度』
 レイ・ブラッドベリ 著,宇野利泰 訳,ハヤカワ文庫,600円(1975.11)

ロボットの時代』決定版
 アイザック・アシモフ 著,小尾芙佐 訳,ハヤカワ文庫,700円(2004.8)

編集者を殺せ
 レックス・スタウト 著,矢沢聖子 訳,ハヤカワ・ミステリ,1100円(2005.2)

この本が、世界に存在することに
 角田光代 著,メディアファクトリー,1400円(2005.5)

神の手
 望月諒子 著,集英社文庫,648円(2004.4)

本の読み物

『チャリング・クロス街84番地 ──書物を愛する人のための本
 ヘレーン・ハンフ 編著,江藤 淳 訳,中公文庫,648円(2001.3)

『書物の森の狩人』
 出久根達郎 著,角川選書,1400円(2001.9)

『私の岩波物語』
 山本夏彦 著,文春文庫,505円(1997.5)
 *実感的「言論と出版の百年」

『「ニューヨーカー」とわたし ──編集長を愛した四十年
 リリアン・ロス 著,古屋美登里 訳,新潮社 刊,2300円(2000.12)

『本の虫 ──その生態と病理 絶滅から守るために
 スティーヴン・ヤング 著,薄井ゆうじ 訳,アートン 刊,1500円(2002.11)

『趣味は読書。』
 斎藤美奈子 著,平凡社 刊,1429円(2003.1)

『書物に魅せられた英国人 ──フランク・ホーレーと日本文化』〈歴史文化ライブラリー163〉
 横山學 著,吉川弘文館 刊,1700円(2003.10)

桶物語・書物戦争
 スウィフト 作,深町弘三 訳,岩波文庫,660円(1968.1)

『本の愉しみ、書棚の悩み 』
 アン・ファディマン 著,相原真理子 訳,草思社 刊,1600円(2004.7)

随筆 本が崩れる』
 草森紳一 著,文春新書,880円(2005.10)

コミック

『働きマン』1〜4〈モーニングKC〉
 安野モヨコ 著,講談社 刊,各540円(2004.1〜2007.8)

印刷まんがシリーズ 本づくり』
 山本隆太郎 監修,じびきなおこ 画,印刷学会出版部 刊,1800円(2003.7)

『金魚屋古書店出納帳 』1〜3〈IKKIコミックス〉
 芳崎せいむ 著,小学館 刊,各562円(2003.5〜2006.5)

『暴れん坊本屋さん』1〜2
 久世番子 著,新書館,640円(2005.10〜2006.3)

寄贈本

『Graphy Hideki Fujii──Daiichi Seihan Digital Material
 株式会社第一製版 発行,非売品(2000.4)

『字源物語──漢字が語る人間の文化
 加藤道理 著,明治書院 刊,1500円(1999.12)

『う・ん・ち』
 なかの ひろみ 文,ふくだ とよふみ 写真,福音館書店 刊,1700円(2003.4)

本の雑誌

『本とコンピュータ』
 季刊,編集:「本とコンピュータ」編集室,
 発行:大日本印刷ICC本部,発売:トランスアート
 * 2005年6月で活動を終了。

『本の雑誌』
 月刊,本の雑誌社 発行
 * 書評誌,
WEB本の雑誌

『ダ・ヴィンチ』
 月刊,メディアファクトリー 発行
 * 書評誌,WEBダ・ヴィンチ

『編集会議』
 月刊,宣伝会議 発行
 編集会議.com

『出版ニュース』
 旬刊,出版ニュース社 発行
 * 出版総合誌

出版社のPR誌

『書斎の窓』
 
有斐閣
 購読料:1年分800円(10冊)(税,送料込み)

『青春と読書』
 集英社
 購読料:1年分900円(税,送料込み)

『星星峡(せいせいきょう)
 幻冬舎
 購読料:1年分2000円,2年分4000円,3年分6000円(税,送料込み)

『草思』
 草思社
 購読料:1年分1000円(税,送料込み)

『ちくま』
 筑摩書房
 購読料:1年分1000円,2年分2000円,3年分2500円,
 5年分3500円(税,送料込み)

『図書』
 岩波書店
 購読料:1年分1000円(税,送料込み)

『波』
 新潮社
 購読料:1年分1000円(税,送料込み)

『本 ──読書人の雑誌』『IN・POCKET』
 講談社
 購読料:『本 』1年分900円,2年分1800円(税,送料込み)
     『IN・POCKET』1年分2400円(税,送料込み)

『本の話』
 文藝春秋
 購読料:1年分1000円(税,送料込み)

『みすず』
 みすず書房
 1冊300円(税・送料別),年間購読料3780円(税,送料込み)

『UP』
 東京大学出版会
 購読料:1年分500円,2年分1000円,3年分1500円,5年分2500円(税,送料込み)

『本郷』
 吉川弘文館
 購読料:1年分(6冊)1000円,2年分(12冊)2000円,
 3年分(18冊)2800円,4年分(24冊)3600円(税,送料込み)

アマゾン アソシエイト プログラム

この☆ゼミのサイトは,amazon.co.jpのアソシエイトに登録しています。 上のロゴをクリックしてアマゾンのサイトへ入り本を買うと,購入代金に応じたポイントまたはアマゾンギフト券が支払われます。貯まったポイントはゼミの活動に還元しています。