ONI ROCK COMPETITION 2008


開催要項

日時 :
 2008年10月26日(日)
 8:00〜8:30 受付(フリー走行・セッティング)
 9:30 開会・説明
 9:50 車検
 10:00競技開始
 12:00 競技終了
 13:00〜13:20 成績発表 (その後はフリー走行可)

場所 : ONI-ROCK(オニロック) 群馬県藤岡市浄法寺をGoogleマップで検索
       詳細地図は申し込み受付後にメール致します。

参加費 : 0円

車両規定 :
ホイルベース317mm以内・全幅317mm以内
タイヤ・ホイル 2.2サイズ
シングルモーターのプロペラシャフト仕様
ステアリングは前輪のみ ディグ使用可能
ボディサイズ 全長203mm以上・幅76mm以上・高さ規定無し(ローカルルール)
(シャーシと一体化したチューバータイプも同サイズ)

募集人数 : 10名
一般参加者(誰でも参加できます。)による2.2クラスコンペ


大会委員長:331
競技委員長:参参参
運営委員:FLOCKS!!メンバー
競技ルール

加点方による採点で、得点の少ない方が勝ち
(簡易採点システム導入のため。ゲートごとの加点上限(20点)はカウントしない)

タッチ マーカー(ゲート表示) 10点
バック 1点(スロットル操作に関係なくタイヤが反転した時点で)
   ただし、前進するまでは1バックとする(停止して再度バックしても1バック)
   また、車重やガタによっておこる数ミリの後退もカウントします。
転倒 5点(自力での復帰は加点しないが、タイヤの後転はバック扱い)
ビークルタッチ 車に触ってしまった場合 10点
不通過 20点(そのゲートを棄権する場合も20点加点でそのゲートの先に移動)

1セクションは6ゲート程度で、1セクションは制限時間5分(制限時間ーバーは40点で次のセクションへ)
加点の最高は40点までとし、その時点でセクション終了。(次のセクションへ)

6セクション(6コース)を走行し、トータル得点の少ない者を勝者とする。
同得点の場合には、こちらで任意に選出したセクション(競技終了まで非公開)での得点が少ない者を勝者とする。
そ の 他
ホイルベースの計測方法

前輪片側を真っ直ぐにした状態で前後ハブボルトの距離を測定します。
  ・ハブボルトは、軸中心間で測定
  ・片側のみの測定とします
転倒時の復帰について

FLOCKS!!コンペでは、実車風にトライアルするため、転倒時の復帰に制限を設けています。
車を復帰させる場合は、左右どちらかの前後輪を起点(設置したまま)として転がして復帰させます。
(実車では、車を持ち上げてひっくり返すことはありませんよね。)

ケースによっては、どちらに復帰させても走行継続不可能な場合もでます。
その場合は、20点加点で次のゲートまで移動となります。(本人判断)
レギュレーション上、転倒に対するリスクが高くなっていますので、
それを考慮の上、走行してみてください。
セクションについて

セクションは1コースを意味し、ゲート数(旗門)は6以下です。
ゲートは、テニスボールによるマーカーで表示します。
合計6セクションを競技します。

出場者(受付順)15名 ( )内はゼッケン番号
SRAYさん(1)
KMRさん(2)
MRTさん(3)
NAMAさん(4)
カミさま(5)
NAKAさん(6)
NIKUMARUさん(7)
AKAさん(8)
島工房さん(9)
BaseHeadさん(10)
KJさん(11)
195さん(12)
てらさん(13)
アニさん(14)
KR-TRさん(15)
大会入賞者
1位 てらさん 53P
2位 KJさん 81P
3位 SRAYさん 106P
4位 MRTさん 121P
5位 BaseHeadさん 124P
6位 KMRさん 135P
(7位〜15位までは、本部に掲示したとおりですが、
必要に応じてお問い合わせください。)

詳細はメンバー、出場者のブログにアップされています



オニロックコンペ記事リンク

つくれ!!参参参ばんきん ラジクロ道楽! TLTでクロ中毒

ラジクロ ラジコン日和 島工房 CR-01 改造記 01どうでしょう



なんと今回はSpeed Way Pal様より後援を頂き、
サムライオフローダー(Mシャーシ用ボディ)
アルミエプロンをセットにして上位2名にプレゼント!!
Speed Way Pal様 ありがとうございました。